今日もどこかでマイペース~VITAやったりPS4やったり漫画感想綴ったりニコニコしたりな日々~

日々をゆるく過ごしたい男のブログです。http://momiji-mypace-life.com/←現在はこちらに移設しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボンバーマンジェッターズ 8話を見ました レビュー&感想 

NEC_0297.jpg
DISC1を見終わってから随分と時間が空いてしまいましたが、久々に視聴。
どうしてもゲームして遊ぶのが先になってしまってるが、ゆっくりと全話見ていきたい。

------------------------------------------------

第8話 想い出の青いバラ


中間管理職ムジョーの悲哀vsシャウトのお婆ちゃんの想い出。
ゲームでもお馴染みポミュの形態の一つ、ドラゴンポミュがご登場。可愛い。

ムジョーの背中が以前より更に小さくなっている気がする。
UFO無断発進は怒られるわ、土産のチョイスをミスるわ、
ママに上げようとしたバラをバグラーに捕獲命令出されて板挟み。
挙句の果てには崖下に落とされる始末。ムジョーが何をしたって言うんだよぉ!!
・・・まぁ、最終的に報われたので苦労も無駄じゃなくて良かったねムジョー。
でもシロボンの想像に登場したママジョーはくっそ醜いのでNG。

冒頭からしていつもより可愛いシャウトさんだが、
振り返ってみると今回バラを守る行動は何もしていない気がするのは内緒だ。

ツイストさんは言葉ではなく行動と腕で示す人。
昨今はやたらめったら長い台詞のアニメや小説、ゲームも多いものですが、
映像だからと言って必ずしも喋る必要はないということを教えてくれるキャラです。

・・・それと、ベアボンバーは結局どんなボムを投げれたんだろうか?という謎が残った。
スポンサーサイト

ボンバーマンジェッターズ 5~7話を見ました レビュー&感想 

NEC_0297.jpg

ようやくDISC1の1~7話まで見終わりました。
ゲームやってたり他の事してると後回しになってしまいがちですが、
気分転換も兼ねたい時に見るとちょうど良いんですよね。

---------------------------------------------

第5話 地底ゴー!ゴー!ゴー!
ラーメンのチャーシューの為、いざ行かん宇宙石炭採掘の旅。
本筋は全く進んでいないけど、ギャグは今回もキレッキレです。
今更だけど、ボムで店がえらいことなってんのに、店よりチャーシューの心配って
それどうなんだと思った。
ホントに今更だけどwまずは掃除しようよ(汗
ツイストさんも全く動じずに椅子に座ってテレビ点けてるし。

この回はバーで酒を呑みながらママに愚痴をたれたり、
判断ミスが多くて焼肉奢る羽目になったりするムジョーに、
大人の悲哀を感じずにはいられなかった。
ガングとボンゴは流され続けてるし、人生って何なんだろうなぁ・・・

あと、シロボンを見てちゃんとトイレは行っておこうと思ったのは僕だけじゃないはず。
「・・・おしっこ。」という呟きからのあのアイキャッチは誰でも爆笑する。

それとシャウト体重ネタの始まり。珍しく1話以後でバーディの軽口が聞けるシーン。


第6話 謎の男、MAX(マックス)
本筋がちょっと進展、マックスの本格的登場となる第6話。
基本的に脚本が前川さん担当の場合はメインパートのようですね。
今なら分かりますが、本筋回はシリアスさがあって明らかに雰囲気が違います。

OP前の回想で、いつもの特徴的な構えでサンダーボムを出すマイティ。
その後、サンダーボムの修行をするシロボン、あの構えをしてサンダーボムを投げる
マックスと、いやがおうにもマックスとマイティの関連性を感じずにはいられない構成。
まぁ、マックスとマイティは利き手が逆なので、別人なのは明白なのですが。

ボン婆さんの「誰も他人の代わりになんてなれない」という言葉は、
流石に年の功ですね。マイティの代わりではなく、一人のボンバーマンとして
ジェッターズに入るかどうかを問うボン婆さん。
マイティに遠く及ばない半人前のまま行ってしまえば、
シロボンまでマイティのようにいなくなってしまうかも・・・
だというのに、それでも本人の意思を尊重する、厳しくも優しい祖母ですね。

シロボン自身の成長もちょっとだけ伺える。
サンダーボムも未だ使えず、ボムスター1個のまま。
それでも既にジェッターズの一員になった以上はと、元気よく出動。
ヒゲヒゲ団から宇宙に一つしかないものを取り返す為、
戦わなければいけないと、怖がる様子もなく決闘を受けると言える辺り、
少しずつジェッターズのボンバーマンらしい所が見えてきますね。

ハウジングボンバーの「遂に買ったぞマイホームー」「そうだローンは30年~」
「通勤時間は3時間~」というフレーズは何故かずっと覚えていました。
が、まさか担当声優が千葉進歩だとは・・・爆発退場前の早口で気づきました。


第7話 ヒゲヒゲ団を追いかけろ!
まさかの3話連続出てくるママ。団員も隊長もどちらも気遣うママ、水商売屋の鑑。
ぶっちゃけ自覚も無いのに追われ続けた挙句に囲まれるヒゲヒゲ団員が気の毒。
打って変わってギャグ回なので、全話のシリアスさをぶち壊す勢いでやりたい放題。

名案じゃ!名案じゃあ!!名案じゃああ!!!
・・・例えクドくても勢いで押し切れば3回やっても大丈夫なのだ。
毎回内容が違うし、ガングが頑張っているしね。

大変だったけど温泉に辿り着けたヒゲヒゲ団員、束の間の幸せを謳歌するも、
すぐにムジョーが来ちゃっただろうから、せっかくの慰安旅行も台無しに
なってしまったんだろうなぁ・・・合掌。

ボンバーマンジェッターズ 3~4話を見ました レビュー&感想 

NEC_0297.jpg
さてさて、ジェッターズは1日2話くらいのペースでゆっくりと見ていきたい所。
一気に見るより、1話1話を噛み締めるように見たい。全52話もあるしね。

ちなみに2/9現在、Amazonでは25%オフの特典無し版がほぼ全滅した為に、
在庫が残ってる特典有りの方が、特典無しより安いという逆転現象が起きてます。


-----------------------------------------------

第3話 強敵!合体ボンバーマン
この回からシャウトの家での居候が始まり、本格的にシロボンの新しい生活がスタート。
お約束の寝ぼけるボケや、スカイジェッターにはしゃぎまくる等、
シロボンが半年経っても中身は全然変わっていないことを再認識させられる。
まるで田舎の祖父母の家に帰省してきた子どものようでした。

一方で、2話でも見せたコスモジェッターの発進や
サンダーバード2号のようなサブ兵器の換装、目的地へのワープに加え、
何気無い場所から専用ルートを通っての秘密基地への直行等、
少年心をくすぐる演出が沢山詰め込まれているのもジェッターズの特徴ですね。

この頃のシロボンはまだファイアーボムだけ、それも溜めに時間が掛かる始末。
それでも、そのシロボンを頼りにするジェッターズ。
自分達でバットボンバーを倒そうとせず、シロボンに倒してもらう為に動く。
シロボンが主人公なのでお約束といえばお約束だが、
この作品世界の特徴はここに現れていると思う。


2話でもシャウトが言ってた通り、マイティがいなくなってからヒゲヒゲ団は勢いを増した。
そして加入したばかりのシロボンのファイアーボムでも、
卵を貫通して遥か遠くの岩山を破壊している。
それほどに、あの世界においてボンバーマンというのは
他と一線を画す戦力なのだ。


だからこそメカードが合体ボンバーマン製造マシンを作るのも頷けるし、
その合体ボンバーマンとシロボンが毎回戦って、シロボンがトドメを刺すのも道理。
ボンバーマンの相手はボンバーマンしか務まらない。

ただ、これが結果的に子ども向けアニメとして都合の良い状況を生み出している。
考えても見て欲しい。シャウトのブーメランやバーディの羽根で傷つけたり蹴り殴りで
合体ボンバーマンを倒すというのは、かなり絵面がヤバくないだろうか?

どう考えても子供向けにはふさわしくない。
ボムの爆発で元の姿に戻るのは、ご都合主義だけどアニメの方向性的にもピッタリ。
シロボンに敗北しても、合体ボンバーマンは決して死ぬことはない。
そしてそれ故に、マイティだけが本編中
唯一の死人という事実が、より特別さを増す。


・・・深く考察し過ぎですが、こういう風にも考えられますよね。
マイティの死というのは、この作品において最も重く、変えられない事実ですから。

----------------------------------------------------

第4話 シロボン無断発進!
今度は特訓の為、ジェッターズの基地にお泊りに来たよシロボン。
朝からボンゴコーチの厳しい指導の元、ガングを的にして頑張ります。
そんなわけで、ここまで小出しにされる感じで出番の少なかったボンゴとガングが、
4話では主役。なので本筋的にも重要な事項なんかは無かったりする。

この回は冒頭からマシンガンのように喋る喋る喋る、
柳原さんの演じるガングが凄い。絵の動きが早いが、それに合わせた早口も素晴らしく、
正に芸人の本領発揮。4話の時点で既にこの演技なのだから脱帽せざるを得ない。
アメリカザリガニのお二人は
正に適役だったのだと感じますね。


-------------------------------------------------------

ボンバーマンジェッターズ 1~2話を見ました レビュー&感想 

NEC_0297.jpg
さてさて、見始めたボンバーマンジェッターズのBD-BOX。
放送してた当時も一応見てはいましたが、見ていない回もありましたし
記憶も結構曖昧なので、かなり新鮮な気持ちで見れていますね。

何より、あの頃よりも注目する部分や考える部分が全然違うのが、
自分でも面白くて不思議だなぁと思います。

というわけで、レビュー寄りの感想記事になるかと思いますが、
全話+ドラマCDの完走と感想(激ウマギャグ)目指していきましょう。

---------------------------------------------------------

第1話 憧れのボンバーマン
全ての始まりである第1話。
色んなアニメと比較しても、ジェッターズ全体で見ても、
この回は異質で不思議な話だと思う。


基本ギャグアニメであるが故に、1話の空気は話が進めば進むほど浮いてくる。
バーディのこんな砕けた口調と声色はこの先全く聞けないし、
シロボンとマイティはこれが最後の別れになった。
2話までの間に作中では半年も経っていることもあり、
まるでこの回だけが、切り取られた時間のような、思い出のような印象を受ける。
二度と戻って来ない時間であることを、話が進めば進むほど訴えてくるかのよう。


一方で、誰もが言及しているが作品全体の伏線とテーマはこの時点で提示されている。
ボムの力はボムに在らず、心に在り。
マイティは助けた女の子に涙を拭うことを促したが、それ以上は何もしていない。
シロボンは女の子がまだ悲しい顔をしていると気づき、風船ボムと風船を渡して笑顔にした。
この両者の比較。真のボンバーマンに必要なものを、既にシロボンは無自覚に備えていた。
この頃からもう、シロボンは「強いボンバーマン」であったのだ。

シロボン自身は「何の役にも立たない。」と風船ボムのことを言っていたが、とんでもない。
戦う力を求められるボンバーマンの中で、
人を笑顔に出来るボムを投げられるボンバーマンが、
一体何人いることか。


しかしシロボンがその無自覚な「強さ」を自覚するのは、まだまだ先の話だ。

-----------------------------------------------------

第2話 5人目のジェッターズ
半年経ってジェッター星。シロボンとシャウトの運命の出会いから、
物語は本格的に動き出す。合間のマイティの活躍はGBAのゲームで確認しよう。

大人になった今、2話を見て注目したのはバーディだった。
半年も行方不明のままの親友。その親友の弟と再会し、
彼がジェッターズに入り、初任務を終えてバッジを渡して帰還するまで、
バーディの表情や声は非常に気になった。
彼は一体どんな気持ちで、この回の間シロボンを見守っていたのか。
恐らく今後も、バーディの思考を想像しながら見ていくことだろう。

それとムジョーも。さらりと「マイティ亡き今」と言っていたが、
ムジョーはこの時、既にマイティは自分のせいで死んだのかもしれないと
知っていたのだったか。続きを見ていけばどっちだったか思い出せるが、
もし知っているのだったら、いや知っていなくても、
ムジョーもまたどんな気持ちで半年間悪事を働いていたのだろうか。

基本がギャグアニメであるが故に流されそうになるが、
第1話という動かざる事実があることで、
その後の彼らの思考は気になって仕方ない。


------------------------------------------------------

・・・やはり大人になったこと、そして全体のあらすじは知っていることもあって、
見方が昔と全然違いますね。大人になっても忘れなかったことで、
子どもの頃とまた違う見方が出来る作品に巡り合えたのは幸運だと思います。

遂に!ボンバーマンジェッターズのBD-BOXが発売!我が家にも届きました 

大人になっても忘れなかったアニメ、
あなたの家に参上します、
ジェッターズ!


NEC_0297.jpg
というわけで、遂にやって来ました。
ボンバーマンジェッターズの、ブルーレイボックスの発売日!
あの投票の日々から数年、BD-BOX化発表から更に5ヶ月。
本当に、本当に長かった・・・この日を迎えられたのは、正に奇跡と言っても良い。
ですが、これは幻ではありません。現実なのです。
本当に、ジェッターズは
ブルーレイになって、
帰ってきたのです!


うっ、うぅ・・・うぉおおおおおおおおおおおおん!!(号泣
あの当時、ジェッターズのBD化を願い、投票していた皆、俺含め本当にお疲れ様。
この勝ち取ったBD-BOXを、心行くまで何度でも、何度でも楽しみましょうね。

今回はアニメ本編だけに留まらず、当時のキャスト全員集合での
完全新作のドラマCDまで付いているという豪華仕様。気になるところですが、
これは全52話を見終わるまで、大事に取っておきましょう。

NEC_0298.jpg NEC_0299.jpg
それともみじさん、今回は値が張りましたがAmazon限定版を注文しました。
特典はこの描き下ろしイラストのスチール製CDケースと、大サイズのタペストリー。
差額にして15,000円前後ありますが、大満足でございますよ。

ちと今日は見れていませんが、明日から毎日見ていくつもりです。

遂にこの日が来た!ボンバーマンジェッターズのBD-BOXが2/2に発売!! 


ソースのニュース記事

いぃいいやっほおおおお!!!

遂に!遂に!遂に来ました!
ボンバーマンジェッターズのBD-BOXの発売が決定しました!!
来年の2月2日、53,800円で発売ですよ!
しかも新作の録り下ろしドラマCDまで特典につく!
買わない理由が無いだろこれぇ!!!

やったよ、遂にこの日が来たよ・・・BD化プロジェクトの時、毎日投票していたわけだけど、
ARIAが1位でジェッターズは3位、その後まったく進展が無く、忘れ去られたものだと
ばかり思っていたわけです・・・そこに今日、数年経ってのこの報。
ありがとう、そしてお疲れ様、
あの頃投票していた同志の皆さん。
僕達は勝利を掴み取ったのです。


あと半年、その日を楽しみに、楽しみに待ちましょうや。
そして今からちゃんと貯金をしておきましょうね。
FC2カウンター
プロフィール

  もみじ

Author:  もみじ
---------------------------

PSNオンラインID・・・yama424
名前・・・もみじ
性別・・・男
身長・・・平均的
体重・・・平均的
性格・・・能天気
座右の銘・・・やられたら3倍返し
ゲーム・・・コープスパーティー
ドラゴンズドグマオンライン
カオスブレイカー
ダークアウェイク
          etc・・・

一言・・・ゲーセンのnesica台で稼働中のカオスブレイカーとそのPS3移植版ダークアウェイクをやりませう。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。