今日もどこかでマイペース~VITAやったりPS4やったり漫画感想綴ったりニコニコしたりな日々~

日々をゆるく過ごしたい男のブログです。http://momiji-mypace-life.com/←現在はこちらに移設しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コープスパーティーPSP版 Chapter5の感想 

さて、チャプター5の感想と行きますか。もちろんネタバレに配慮し追記で。















では行きますか。

まず、オープニングでいきなりヒィィ!となったね。
オープニングがただ単に、チャプ4の最後に終わった雪ちゃんの惨殺シーンの詳細
だったんだもん。音も声も嫌過ぎるのに、キビキのナレーションが
聞きたくない部分だけスキップできなかったりして、
精神的に俺を追い込んで来ました。で、このオープニングで確信しました。
チャプター5は今までの比にならんくらい嫌な事が起きると。

そしてオープニングが終わるといきなり杉田のシャウトが入る。
おまけに人様の妹を自分のもの宣言。完全にいっちゃってるね。
そして由香で階段を降りたら、大事な事だから2回言いますけど
黒崎がまだ生きてるという予想が当たり
、由香にキザミの危険性を
これでもかと証明する役割を果たしました。既に夜だったこともあって、ここも
この後の逃亡も凄い焦ったしガンガン来た。一々杉田が叫びやがるしよ・・・
ヨシカズにやられた際は大声で「ざまぁwwww」と言ってやりましたが。

で、森繁のターン。いかに森繁にとって繭が大事だったかがよく分かりますが、
だからこそ、その繭が写メに取って嘲笑っていた死体だと、死んだ
本人から言われてしまったら、森繁にはもう絶望しか残ってませんよね。
森繁があの粉砕死体=繭と知って発狂、という予想は大体していましたが、
やっぱりそうなったか、という感じです。

一方真相を知った良樹とあゆみ。ここは初代のシーン来るだろと思っていたら
案の定。でもそっちを選んだら駄目なんですよねw何という鬼畜な仕様。
チャプター5の特徴として、誰か一人でも自分本位の行動をしたら
全員で生還は出来なくなる
というのが当てはまると思いますが、
良樹の場合は理科室も含め、あゆみに思いの丈カミングアウトしたら駄目という涙目仕様。
言い争った末に自分の本当の気持ちを再確認して
後に続いて戻るのに、あゆみが会う頃には何故か黒化してるし。
逆に一緒に戻る方は自分の気持ち押し殺してあゆみに付いて行くし、
どっち選んでも良樹好きは美味しいシーンですな。
まァ良樹役の中村さんからしたら、自分の声で公式にあゆみに告白できたのは
良樹役やって一番良かった事かもしれない。
ここのセリフは良樹が初代よりも感情剥き出しになってて聞いてる方もグッと来る。

そして戻ったら像とあのBGMが掛かって、キター!!と思ったね。
あの曲のアレンジが流れていれば、絶対に怖くない。
むしろどんな場所だろうと探索していけます。
内容的に考えると、もう何が来ようとも生還の為に全力を尽くすという
全員の胸中を再現した曲のような気もする。
もう一方のアレンジも掛かるし、チャプター5バンザイ!と思いました。
ちなみに厄払い音源盤は既にPS3とPSPとPCにもコピーしておりますw
しばらくは初代アレンジが作業用BGM。何曲かiPodにも入れようかな。

探索を続ける内にようやく明らかになる、1年以上待たされた謎の正体。
やはりサチコさんのおまじないは七星が意図的に間違ったやり方を
書いたものだった。敬愛する師の為とは言え、見知らぬ人間なら
何人死ぬ事になろうともどうでもいいなんて、腐ってるにも程があるわ。
それだけに、あゆみの手でトドメさせた時は立ち絵のキモさにビビッタと同時に
「ざまぁwwwwwww永遠に苦しめwww」とスッキリしたけど。

保健室の日記の内容とあの影の正体も気になってたけど、
予想の斜め上で驚いた。チャプター5の舞台も含めて。
ただ、冒頭の「サッちゃんは~」の意味と言ってる人の正体も分かって
ようやく納得出来たのは感慨深いと言える。
あと、冒頭の「転落した保健室の先生」がこの人だったのも。
チャプター3で入れる職員室では「保健の先生が失踪」となってたけど、
怪談の方が事実を伝えていたというのは興味深い設定です。

その保健の先生絡みで言うなら、校長の外道ぶりが初代より酷くなってたね。
あっちは赤服を襲って死なせて隠蔽しただけでしたが、
こっちはその親である保健の先生まで死なせた上、サチコの舌まで切り取った。
その結果があの永遠と続く「うわぁああああああ!」ですよ。
正直あそこは怖いというより笑ってしまった。
だってドットが全く動かずに落下するんですもんw

驚いたと言えば、殺人現場は地下室のあの扉の先だと思っていたのに、
実際は広大な地下防空壕の最奥に位置していた事。
あれは予想出来なかったな。てか広すぎだろ(汗
良樹も途中まであそこを必死に走って逃げた事になるんだよな。

あと、初代の要素が思う以上に多かった。話の中身は結構異なってるけど、
全体的には初代の部分で構成されてたな。
理科室・ザッピング・脱出の鐘・校舎の雰囲気・BGM・サチコだけ成仏・あのエンドとか。
発売前は初代が収録されてるのかと期待していましたが、
実際にはチャプター5が初代みたいなものでしたね。
でもただの流用って訳じゃなくて、それで十分に楽しむ事が出来たのは
初代の凄さとその流用の使い方が上手かった事にあるんだろうな。

---------------------------------------------------

こんな所ですかね。やっぱり、未知の経験ってのは良いものです。
展開にワクワクしながら、次にどんな怖いシーンが来るか怯えながら
プレイするのはその時しか出来ませんからね。
これでブラッドカバーが一応の完結を果たした事になるのですが、
何か言われてもしっくり来ないんですよね。あの正史エンドの影響でしょうが。

そんな訳で次の感想では、チャプター5の各エンドについて書きたいと思います。
その次は、各キャラクターについて感想を書こうと思います。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

  もみじ

Author:  もみじ
---------------------------

PSNオンラインID・・・yama424
名前・・・もみじ
性別・・・男
身長・・・平均的
体重・・・平均的
性格・・・能天気
座右の銘・・・やられたら3倍返し
ゲーム・・・コープスパーティー
ドラゴンズドグマオンライン
カオスブレイカー
ダークアウェイク
          etc・・・

一言・・・ゲーセンのnesica台で稼働中のカオスブレイカーとそのPS3移植版ダークアウェイクをやりませう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。