今日もどこかでマイペース~VITAやったりPS4やったり漫画感想綴ったりニコニコしたりな日々~

日々をゆるく過ごしたい男のブログです。http://momiji-mypace-life.com/←現在はこちらに移設しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

半熟作家と“文学少女”な編集者 を読みました 

半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
(2011/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る


火曜の夜と水曜に時間を作って読み終わりました、半熟作家と“文学少女”な編集者
文学少女シリーズの外伝最終巻にして、文学少女シリーズ自体の最終巻でもあります。
編集者となった遠子先輩が、高校生作家を導く話。

最終巻だけあって、読了した時は複雑な気持ちになりました。
これで遂に終わってしまったんだなぁーという気持ちと、
良い終わりだったなぁという気持ち。ただ、それと同様に少し残念だと思った部分も。

正直、本編シリーズが終わってから挿話集や見習い、そしてこの半熟作家で
心葉くん達のその後が描かれすぎて、我々読者の想像と言う楽しみが奪われてしまった感が。
特に菜乃は見習いの卒業できっと素敵な文学少女としてこの先を生きていくんだろう、
と思っていた矢先にすぐ出て来てしまいました。しかも雀宮とくっ付くのがほぼ確定で。
ここまでやらなくても良かったと思う。遠子先輩は劇中で何度も、文学だけでなく
心葉くんの周りで起きた事件でも「想像」をしていた。きっとこうであったという
時に残酷で時に幸せな「想像」を。なのに、文学少女シリーズでそれはさせてくれなかった。
作者自ら、彼等の苦悩と、それを乗り越えていく姿を書いたのは悪くはない。
ただ、想像、もとい妄想を重要な要素として書いてきたこの作品で、
作者がそれを読者から奪う真似はしてほしくはなかったかな、と個人的には思いました。
とは言え、更にその後を想像する余地は残されているからそれで良いのかな、とも思う。

が、総括すればふさわしい〆を迎えたと思うし、生き生きとした人物達が繰り広げる
愛憎劇を全巻読んできたわけで、その程度で批判をするのも馬鹿らしい気がします。
何だかんだで、文学少女シリーズは本当に面白かったから。
このシリーズ、ラノベとか何とかいう差別的な目では見ずに色んな人にも読んで欲しいです。


そして、このコンビが新作を開始したようで。竹岡先生の魅力的な絵と、
野村先生の文章には本当に楽しませてもらったので、それも近々買って読みたいです。
[ 2011/06/04 01:07 ] 漫画&小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

  もみじ

Author:  もみじ
---------------------------

PSNオンラインID・・・yama424
名前・・・もみじ
性別・・・男
身長・・・平均的
体重・・・平均的
性格・・・能天気
座右の銘・・・やられたら3倍返し
ゲーム・・・コープスパーティー
ドラゴンズドグマオンライン
カオスブレイカー
ダークアウェイク
          etc・・・

一言・・・ゲーセンのnesica台で稼働中のカオスブレイカーとそのPS3移植版ダークアウェイクをやりませう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。